ラーニング動画をもっと活用したい!
セールスマーケティングを動画を通して学んでみましょう!

セールスダッシュボードの使い方 video-thumb
セールスダッシュボードの使い方

セールスダッシュボードを活用して、担当者ごとの営業状況を確認してみましょう! また、マニュアルやQ&Aもサポートサイトから閲覧いただけます。ぜひご活用ください。

電話機能【実践編】 video-thumb
電話機能【実践編】

また、マニュアルやQ&Aをサポートサイトから閲覧いただけます。ぜひご活用ください。

電話機能【事前設定編】 video-thumb
電話機能【事前設定編】

また、マニュアルやQ&Aをサポートサイトから閲覧いただけます。ぜひご活用ください。

【展示会出展企業担当者様向け】収集した名刺を案件化する 展示会営業ノウハウ動画 video-thumb
【展示会出展企業担当者様向け】収集した名刺を案件化する 展示会営業ノウハウ動画

『展示会は開催後が成功の鍵!?収集した名刺を案件化する 7つのフォロー対応』 とは? 展示会出展社「フォロー対応」調査レポートをご覧いただき、誠にありがとうございました。 本動画では、対応調査レポートの解説をしています。 展示会後になぜ、クイックレスポンスしなければいけないのか? メールや電話で接触回数を増やし、名刺交換者との小さな約束を守る重要性 メールと電話の組み合わせによる効果とは       等… 日々の営業活動を見直すだけで、営業マンの生産性はあがっていきます。展示会営業ノウハウを25分の動画にまとめました。皆様の更なる売上向上にお役立てできれば幸いでございます。

【不動産業界向け】問い合わせから来店対応・物件案内を増やすには video-thumb
【不動産業界向け】問い合わせから来店対応・物件案内を増やすには

『来店・物件案内を増やす営業ノウハウ動画』 とは? スマートフォンの普及が進み、複数の会社に簡単にお問い合わせをできるようになりました。 はじめから複数社競合している中で、メールや電話のデジタル空間での営業活動の重要性が上昇しています。 ・お問い合わせがあった見込客になぜ、クリックレスポンスしなければいけないのか? ・メールや電話で接触回数を増やし、見込客との小さな約束を守る重要性       等… 日々の営業活動を見直すだけで、営業マンの生産性はあがっていきます。 デジタル空間での営業ノウハウを23分の動画にまとめました。 不動産お問い合わせ対応調査レポートをご覧いただいた方限定で公開いたします。 皆様の更なる売上向上にお役立てできれば幸いでございます。

テレアポとは異なる、インサイドセールス活用セミナー【後編】 video-thumb
テレアポとは異なる、インサイドセールス活用セミナー【後編】

インサイドセールスとは一般的に「営業見込み客に訪問するのではなく、電話・メール・Webコンテンツなどを通じてコミュニケーションをとる営業活動」、と言われています。

もちろん、法人向けに営業をなさっている企業さまの場合、営業スタッフによる訪問活動が無くなるわけではありません。 しかし、「インサイドセールス」によって、初期段階の営業見込み客を「育てて」「熱く」することができます。そして、より確度の高い商談に営業スタッフが動くことで、営業活動の生産性を高め、収益力を高めていくことができるのです。

つまり、昔ながらの「テレアポ」と比べると、

・『テレアポ』は、相手の見込みレベルに関わらず、アポが取れたら営業スタッフが動く。 ・『インサイドセールス』は、電話・メール・Webコンテンツのコミュニケーションを通じて、見込みレベルを高めてから営業スタッフに繋ぐ。

という大きな違いがあるのです。

もちろんテレアポで成果を出されている企業さまもいらっしゃいますが、テレアポのリソースがない企業さまが営業力を高める上では、これからの時代は「インサイドセールス」の活用がカギになってくると言えます。

「検索」が当たり前になった時代だからこそ! 営業見込み客は、貴社に問い合わせをするまでに、スマートフォンやPCで「検索」をしていますので、多くの情報を掴んでいることが少なくありません。しかも、お問い合わせがあった時には、既に複数社と競合していることがほとんどです。

このような状況から、お問い合わせに対してのクイックレスポンスの重要性は高まり続けており、かつ、より詳しい情報をタイムリーに提供するなど、フォローすべき頻度・回数は増えています。そのため、従来型の「訪問営業」だけで対応するのは難しくなりつつあります。

本セミナーでは、デジタル時代に対応する有効な営業手法である「インサイドセールス」による成功事例や営業ノウハウについて詳しく解説いたします。

c-digimaの詳細はこちら

テレアポとは異なる、インサイドセールス活用セミナー【前編】 video-thumb
テレアポとは異なる、インサイドセールス活用セミナー【前編】

インサイドセールスとは一般的に「営業見込み客に訪問するのではなく、電話・メール・Webコンテンツなどを通じてコミュニケーションをとる営業活動」、と言われています。

もちろん、法人向けに営業をなさっている企業さまの場合、営業スタッフによる訪問活動が無くなるわけではありません。 しかし、「インサイドセールス」によって、初期段階の営業見込み客を「育てて」「熱く」することができます。そして、より確度の高い商談に営業スタッフが動くことで、営業活動の生産性を高め、収益力を高めていくことができるのです。

つまり、昔ながらの「テレアポ」と比べると、

・『テレアポ』は、相手の見込みレベルに関わらず、アポが取れたら営業スタッフが動く。 ・『インサイドセールス』は、電話・メール・Webコンテンツのコミュニケーションを通じて、見込みレベルを高めてから営業スタッフに繋ぐ。

という大きな違いがあるのです。

もちろんテレアポで成果を出されている企業さまもいらっしゃいますが、テレアポのリソースがない企業さまが営業力を高める上では、これからの時代は「インサイドセールス」の活用がカギになってくると言えます。

「検索」が当たり前になった時代だからこそ! 営業見込み客は、貴社に問い合わせをするまでに、スマートフォンやPCで「検索」をしていますので、多くの情報を掴んでいることが少なくありません。しかも、お問い合わせがあった時には、既に複数社と競合していることがほとんどです。

このような状況から、お問い合わせに対してのクイックレスポンスの重要性は高まり続けており、かつ、より詳しい情報をタイムリーに提供するなど、フォローすべき頻度・回数は増えています。そのため、従来型の「訪問営業」だけで対応するのは難しくなりつつあります。

本セミナーでは、デジタル時代に対応する有効な営業手法である「インサイドセールス」による成功事例や営業ノウハウについて詳しく解説いたします。

c-digimaの詳細はこちら

営業出身の社長様のためのデジタル時代の営業戦略 video-thumb
営業出身の社長様のためのデジタル時代の営業戦略

見込客は日々デジタル空間で過ごすことが増えてきています。web、メール、電話のデジタル領域でもリアルの強みを発揮していくために何がポイントか?25分でご説明いたします。

⑧自己開示 video-thumb
⑧自己開示

競合と商品の差別化もできない、価格や機能が同じ場合、最後にどこで勝てるかのヒントが自己開示にあります。ここでは自己開示のストーリーを作っていきましょう。

⑦損失回避のメリット video-thumb
⑦損失回避のメリット

多くの営業マンがこの商品を買ったらこうなります!というプラスのメリットを言いますが、それに加えてこの商品を買わなかった場合の損失についても語れると有効です。

⑥「機能」と「効用」 video-thumb
⑥「機能」と「効用」

メリットの伝え方は基本的なことですが、機能と効用に分けて伝えていきましょう。機能はその商品の働きですが、効用はお客様の生活シーンやビジネスシーンでどのように役に立つかです。商品の効用をお客様にイメージしていただけるように語れるかがポイントになっています。

⑤共感を生み出す質問力 video-thumb
⑤共感を生み出す質問力

ヒアリングは重要ですが、電話営業の目的ではありません。ヒアリングばかり意識してしまうと、もしかしたらヒアリングに成功して、セールスに失敗してしまうかもしれません。嫌われず、同調感を損なわず、かつ共感もしていただけるようなヒアリングをみにつけていきましょう。

④共通認識をみつける video-thumb
④共通認識をみつける

お客様の主張があり、我々の主張がある中で、何を土台にして話をしていくかがポイントです。お互いに歩み寄れる土台が、共通認識です。共通認識を初めに設定しておけば、多少意見が違うお客様でも共通認識を土台にして話を進めることができます。

③表面的な断りの克服 video-thumb
③表面的な断りの克服

お客様の表面的な断りで電話が終わってしまうというお悩みをよくお聞きします。しかし、メリットの伝え方の研修はしていても、表面的な断りへの対策をしていない会社が多いです。ここでは、克服したい表面的な断りへの対策を身につけましょう。




②要件を磨く video-thumb
②要件を磨く

どんな商材でも電話営業では初めに要件を伝えるシーンがあります。要件の伝え方を過少評価しないようにしましょう。要件の伝え方でキーマンが出てくる出てこない、聞く姿勢にできるかが決まってきます。話を聞きたくなるような要件へ磨いていくことが重要です。

digimaでの電話機能の活用方法[コンテンツ編] video-thumb
digimaでの電話機能の活用方法[コンテンツ編]

digima上のタイムラインからお客様の興味を読み取り、どのように対話をしていくのか。前回の[タイミング編]に引き続き、今回は[コンテンツ編]と題してdigima電話の活用方法を3つの営業シーンを交えながらお伝えしました。

digimaでの電話機能の活用方法[価格編] video-thumb
digimaでの電話機能の活用方法[価格編]

digima電話機能のご利用料金についてお伝えしました。

digimaでの電話機能の活用方法[はじめ方編] video-thumb
digimaでの電話機能の活用方法[はじめ方編]

digima電話機能をはじめるにあたっての設定方法と電話をかけるおすすめの環境をお伝えしました。

digimaでの電話機能の活用方法[タイミング編] video-thumb
digimaでの電話機能の活用方法[タイミング編]

電話は対面せずにお客様を感化していける長所があります。しかし、なかなか繋がらなかったり、スキルが必要という短所があるのも電話です。電話の長所を伸ばし、短所を補うdigima電話機能の活用方法を[タイミング編]と題して…

【応用編】15分電話ミーティングでアポイントを増やす方法(c-digima活用法) video-thumb
【応用編】15分電話ミーティングでアポイントを増やす方法(c-digima活用法)

c-digimaの15分電話ミーティングを資料請求のフォロー、見込客の掘り起こし、セミナー後のフォロー、これら3つの営業シーンを例に挙げて活用方法とともにお伝えしています。



無料アポイント調整ツール c-digimaの使い方 video-thumb
無料アポイント調整ツール c-digimaの使い方

空いている予定の中でお客様とのアポイントがサクサク入る限定公開カレンダー c-digima を活用します。「見込み客にメールを送っても返信がこない」「電話をしても繋がらない」といったお悩みを解決する方法をお伝えしました。